top of page
  • 執筆者の写真Mayumi Matsunaga

「ブルガリホテルのような~」

久しぶりの東京です。


やはり、東京は素晴らしい!



インテリアコーディネーター的視点で東京を見るとき、


何を重視するかと言いますと、



地方には無い、たくさんの外資系ホテルです。



インテリア的に洗練された空間は、大変勉強になります。



家具、配置、素材、色、アート、オブジェ、香り、ライティング、


そして、ホテルのスタッフの方々の話し方、対応の仕方、立ち位置、


全てが勉強になります。



今回は、






この3つにお邪魔してきました。


全て、東京駅周辺です。



*写真は、ブルガリホテル東京のロビーです。

濃紺x飴色xモノクロxからし色xシルバーベージュxゴールド

この組み合わせは、住宅でも取り入れてみたいですね。

「ブルガリホテルのような~」と形容できそうです。



ほとんどのホテルは、フロントのあるロビー階までは、


誰でも行くことが出来ます。


そして、お化粧室も必ずチェック!です。



(出来れば、そこで、ランチかお茶をするのがBESTですけど、

今回は時間の都合で、見るだけ、にさせて頂きました。

あ、チョコレートとエアミストを購入させて頂きましたよ)



こうやって、たまに、ラグジュアリー空間に身を置いて、


良き空気感を体感してみるのは、


自分への癒しでもあり、勉強でもあります。



体験しないことは、ご提案できません。



皆さまからのご要望で、


「ホテルみたいな、、、」



というキーワードを良く頂きます。



このキーワードも、かなり漠然としてますが、



洗練されてる、落ち着く、ごちゃごちゃしてない、


WELCOMEな雰囲気、美しい、ホッとする、特別感。



分解すると、こんな言葉になるのでしょうか。



「ホッとする」、と、「特別感」、


は、捉えようによっては、反対の意味です。



でも、これを、上手に両方とも、家の中にも取り入れることだって出来るのです。



私のインテリアコーディネートで、


スタイルのミックス、金額のミックスは、よくやりますが、


「感情のミックス」、も、ありですね。



皆さんも、是非、こんなことを意識しながら、


是非、素敵なホテルに足を運んでみてください。



帰りの東京駅、ふと見上げると、ハートの雲。





皆さま、どうぞ良い週末をおすごしくださいませ。



2023.10.14


Comments


bottom of page