top of page
  • 執筆者の写真Mayumi Matsunaga

センスが無い?いえいえ、知らないだけです!

本当はみんなセンスあるんです!

センスのあるものを知る機会が無かった、だけ、なんです!


これ、本当にそう思います。


日本人って、そもそも、センスが良いのです。


微妙な色の違いも分かるし、

触った感触、香り、温度、空気感、季節感。


どの国の人より、この感覚が優れてる、というのは皆さん、分かりますよね。


だけども、どうも、「インテリア」となると、


すごく敷居が高いように思うのか、

特別な勉強した人しか分からないと思うのか、

金銭的に余裕がある人が買うものと思うのか。。。


なんでしょう、とにかく、インテリアのことになると、

皆さん、ものすごく自己肯定感が低いのです。


しかしながらですね、

センスが無いんじゃなくて、

センスのあるものを「知らない」「見たことがない」

だけなんです。


モノや情報にあふれ過ぎちゃった現代。


家具もファストフードならぬ、ファスト家具が大量に溢れてる。


そして、そういう情報ばかりが、ものすごいスピードと、拡散力で広がっていく。


すると、それがいつのまにかスタンダード化されて、

専門店の家具は、「特別扱い」になってしまう。


だから、気軽に見に行く機会が少なく、もしくは、ゼロ!

になってしまう。


この循環なんです、現状。。。


でもですね、私のお客様、全ての方に共通して言えることですが、


一度、ちゃんと、


「センスが良いもの」

「ホンモノ」

「クオリティが高いもの」


と、言われているものを見ると、分かるんです、違いが、ちゃんと。


買わなくても良いのです!

見るだけで良いのです!!


そこにちょっと、プロからの、アドバイスなんかがあると、

より、「なるほど~」と、思っていただけたりします。



センスが無い~、と言わずに、さあ!

まず、見に行きましょう!





pic.1

ハンス J. ウェグナー)が1962年にデザインしたダイニングテーブル「CH327」。

先日のショップ同行で、お客様が一瞬でほれ込んだテーブルです。

私がご提案していたのは、別のテーブルだったのですが、

お客様が、近くにあったこれを見つけて何やらニヤニヤと(笑) 

エッジがものすごい綺麗だとほれ込んでしまいました。

ご購入されるかどうかは、もう少しお悩みになるそうですが、

これを、もし、私が事前に「写真」でご提案してても、

きっと、スルーされてると思います。

それほど、実物を見る体験、というのは、大事なのです。

良いものを知ってしまったお客様。。。

贅沢な悩みが始まってます(笑)




今週末は、長崎に行ってきます。

久々のマンションのインテリアオプション会のお仕事です。

年に1,2回、単発でお受けしてます。

最新の新築マンション事情を勉強してまいります!

(夜は、飲み会が入ってるので、何しに行くの~(笑)ですが(笑))


皆さまも、どうぞ良い週末をお過ごしくださいませ。


2024.04.06



Comentarios


bottom of page