top of page
  • 執筆者の写真Mayumi Matsunaga

海外インテリアって好きですか?

「海外インテリア」、と聞くと、どんなインテリアを想像しますか?


海外、というからには、日本以外は、全て、海外、になるわけですが、、


一般的に、海外のようなインテリア、というと、


ややクラシカルで、

色使いが楽しそうで、

天井が高くて、シャンデリアがあったり、

部屋は広くて、各部屋にバスタブとトイレがあって、

ドアの廻りや天井には、白いモールディングがまわしてあって、

窓にゴージャスなカーテンが吊るしてあって、

リビングには大きなソファと一人掛けのソファが二つくらい置いてあって、

暖炉があって、

キッチンにはアイランドカウンターがあって、


みたいな感じじゃないでしょうか。





良く、映画のインテリアでも、「憧れの海外インテリア」、などと

紹介されることも多いですよね。


有名なのは、


・「Sex and the city」 (SATC)のキャリーの部屋

・「恋愛適齢期」のハンプトンの別荘

・「マイ・インターン」


恋愛適齢期とマイ・インターンは、私の個人的な好み、でもありますが(笑)

(ナンシー・マイヤーズ監督の手掛ける映画のインテリアは大好きです)

(ほんと、私の好みですが、、、(笑))



いずれも、アメリカ、の映画ですね。



しかしながら、インテリアの、有名な家具、というと、アメリカではなく

イタリア、北欧、などのヨーロッパの家具が圧倒的に多いですよね。


そして、インテリア業界のプロたちも、こぞって、ミラノやロンドン、パリなどの

「ヨーロッパ」に視察や研修、展示会に行っております。



この差はなんなんだろう、と考えたこともありますが、、、。



つまり、一般的に「海外インテリア」というと、なんとなくアメリカっぽい、

けど、有名なインテリア家具、というと、ヨーロッパ。



でも、お好きな方、結構、多いんです。この「海外スタイル」


海外(特にアメリカ)に在住経験のある方、

映画好きな方。


私も、アメリカに3回ほど住んでおりましたので、大好きです。


日本とアメリカの住宅事情は大きく異なり、建物の雰囲気が違います。


例えば、


・部屋の広さ、天井の高さ

・窓のデザイン(日本は無機質なアルミサッシ)

・壁の素材(日本は、ほとんど白いビニールクロス)

・天井の照明(日本は一室一灯でシーリングライトが多い)



最初の二つは、なかなか、どうすることもできませんが、

最後の二つは、どうにかすることが出来るんです。


これをやるだけでも、海外みたいな雰囲気の部屋にすることは可能です。

他にも、いくつも方法はあります。



今日は、それらを上手に紹介している、インテリアデザイナーさんをご紹介したいと思います。


私の友人の音瀬陽子さんです。

彼女は、アメリカに本拠地をおく設計事務所の日本支社で、長年デザイナーとして

仕事をされてた経験があり、実践で高級住宅やホテルなどのインテリアデザインを

手がけられた実績があります。現在は、フリーランスとして、横浜、東京エリアを中心に

ご活躍されています。


この度、彼女が新しいwebsiteを開設されましたので、

是非ご紹介させて頂きたいと思います!


メールアドレスの登録で、7日間のインテリアレッスン

「すぐにできる、海外のような住まいづくり7つのヒント」

が届きます。


私も7日間、読ませて頂きましたが、具体的なポイントをいくつも教えてくださってて、

あ、これ、すぐにやってみよう!と、なりますよ。


以下、My Style 音瀬陽子さんの、websiteです



余談ですが、、、

彼女とは、20年近く前に、ほんの数か月ですが、一緒にお仕事をさせて頂いてた

ことがありました。(その数か月がかなり濃密な時期でした)

その後、お互いの仕事が忙しくなり、随分と期間があいてしまったのですが、

昨年、あるタイミングで奇跡的に再会したのです。

それからは、たまに近況報告をしたり、zoomで飲み会をしたり、

励ましあったり、刺激を頂いたり。


先日は、私が東京に行った際にランチをして、その後、公園のベンチで

3時間もおしゃべりをしちゃったりと、妹のような、同志のような、

ソウルメイトのような大切な友人です。


そして、海外インテリア、特に、「モールディング」のことを語らせたら、

日本では一番のデザイナー、だと思ってます。


才能あふれる彼女ですが、ややシャイな方(笑)なので、

ご自身であまり発信をされてなく(笑)、


皆さま、どうぞ、是非、メール登録をして、

7日間のインテリアレッスンをお楽しみいただければと思います。


彼女のインテリアに対する一途な思いが伝わってきます。





ここ一週間くらい、空気が冷たい日が続きます。

でももう3月。桜の便りが聞こえてくるのもあと少しですね。


皆さま、どうぞ素敵な週末をお過ごしくださいませ。


pic.1

久しぶりに行った新宿のコンランショップからの眺め。

窓から切り取った高層ビルの景色が、「あ~、東京だな~」としみじみ。


pic.2

音瀬陽子さんと奇跡的に再会できたのは、エディターの田村さんのおかげです。

いつもはオンラインですが、今回はリアルで3人でランチが出来ました。

お二人とも、美味しいお土産、ありがとうございました。



MAY Design

松永真由美


Commentaires


bottom of page